チェコ 刺繍 お人形 熊 魚のうろこ 手作り 伝統工芸 認定品 [01]

ビロードの熊にウロコの刺繍が施されています。

魚のウロコを使った刺繍には約200年の歴史があります。ルドミラさんは若い頃、古い民族衣装の修復の活動をしていました。そのなかで、民族衣装の刺繍に魚のウロコが使われているのを発見しました。誰もする人がいなくなっていたのですが、文献を見たり仲間の老婦人に聞いたりと、いろいろ研究して復活させました。
ウロコはコイがメインですが、櫛目のあるパーチなど、数種類の川魚のウロコを使います。ウロコは、水を替えながら数回洗い、最後に手洗い用の石けんで丁寧に洗います。糊として片栗粉を使い、布に挟んでアイロンをかけます。こうして処理したウロコは、半透明の丈夫で美しいものです。
大きなウロコははさみでカットし、小さなウロコはそのまま使います。ウロコと白い糸と止めの役目もする透明なビーズを使って様々な模様を刺していきます。

今回私たちは、ルドミラさんの自宅兼工房を訪ね、実際にウロコで刺繍するところを見せてもらうことができました。動画をご覧ください(ルドミラさん提供のDVDより抜粋)。
チェコ 刺繍 お人形 熊 魚のうろこ 手作り 伝統工芸 認定品 [01]

販売価格: 2,300円(税込)

数量: