蒲 バスケット 模様編み 小 籠 手作り 工芸品 [04]

サイズ直径26cm×高さ10cm、重さ94g。チェコ国の伝統工芸認定品。
オロビネツ(蒲)は水辺に生える多年草。日本でも生け花などに良く使われておなじみですが、ご紹介するのは、その蒲を使ったバスケットです。
ガマは丈夫で軽くしなやか、とても優しい手触りの素材で、バック、バスケット、帽子やスリッパ、ゴザなど、くらしの中で広く活用されてきました。その技法は、約300年前にイタリアの僧侶がチェコに伝えたと言われていますが、親から子への口承で伝承されてきたため文献などはなく、1948年の共産主義移行以後、ガマの編物は急速にすたれていきました。今では、チェコ国内でガマを素材から集めて編んでいる人はイベタさんとその娘達の3人だけだになってしまったそうです。イベタさんは2007年に国のNositel tradice(伝統工芸士)に認定された確かな技術の持ち主です。
今回私たちは、イベタさんの自宅兼工房を訪ね、実際に編むところも見せてもらうことができました。動画をご覧ください。
汚れたら薄い塩水で軽く洗ってください。
蒲 バスケット 模様編み 小 籠 手作り 工芸品 [04]

販売価格: 2,400円(税込)

数量:

他の写真

  • 優しい手触りの蒲のバスケットには果物がよく似合います。