オロビネツ(蒲)のバスケット

蒲(ガマ)は水辺に生える多年草です。日本でも見かけるガマの穂。編物に使うのは茎の部分で穂や葉は使いません。ガマのバスケットは竹やツタと比べると、持ったとたん拍子抜けするほど軽いのですが、30年はもつと言われ、丈夫さでは竹に引けを取らないようです。かつ、しなやかで、優しい手触り。美しい光沢も特徴です。
現在、チェコ国内でガマを素材から集めて編んでいる人はご紹介するイベタさんとその娘達の3人だけだということです。
9